読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【トラウマになりそうなアニメ】Rein Raamat「Põrgu 」(Hell, 1983)感想

Rein Raamatについて

エストニアのアニメ監督。1931年生まれ
エストニアアニメの父とも呼ばれているそうです。
現在はアニメを作っていないっぽい?

Põrguの感想

www.youtube.com

「Põrgu」というのはエストニア語で地獄を意味します。
僕もエストニアについては詳しくはないのですが、主要宗教はキリスト教で、歌と踊りが好きな国らしいです。
それが「Põrgu」というアニメにもあらわれていると思います。

Rein Raamatの他のアニメ作品と比べると、ぶっちぎりで怖いと思います。
序盤はわりと楽しそうなパーティーの雰囲気で始まるのですが、最終的の人の動きがとまり、形が崩れていく。
最後に赤ちゃんが出てくるのが印象的ですね。
地獄の飲み物を思いっきり飲んでいるのは何でだろうと思います。

僕にとって地獄のイメージは、痛みと恐怖をともなうものなのですが、この地獄の住人たちは楽しそうです。
個人としての地獄ではなくて、もっと象徴的な地獄なんじゃないかなと。

他のRein Raamatの作品

www.youtube.com


www.youtube.com