読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『神様メール』感想

www.youtube.com


 神様メールっていうベルギーの映画を見てきた。
 不思議なコメディ。

 神様ってだいたいいい風に書かれるんだけど、この映画ではろくでなしのダメオヤジなんだよね。
 不快ルールとかいうの作るし、事故や戦争を起こしまくっている。部屋に閉じこもってパソコンでそういうことやってるわけ。
 引きこもり。
 こんな風に書いて大丈夫なのって思うんだけど、設定上ではイエスの父親ということになっているのかな。
 で、そのダメオヤジ神様にはエウっていう娘がいて、ある日父親が人類にめちゃくちゃひどいことをしていることを知ってしまう。
 反旗をひるがえしたエウは、人類に自分の余命がわかるメールを送ると、下界へと行くわけだ。
 下界への行き方っていうのが洗濯機を通っていくというのもおもしろい。
 エウは新新約聖書というのを作るため、六人の使徒と出会うことになるんだよ。

 で、その六人の使徒がそれぞれ問題を抱えている。
 左腕がなかったり、性的妄想にとりつかれていたり、殺し屋だったりするわけ。
 そんな彼らが余命を知ることで自分の人生を問い直すことになるんだけど、なんかすごく変。
 女の子になろうとしたり、ゴリラに惚れたりするからね。
 あと、わりとアダルトなシーンが多くてちょっと気まずかった。
 行為のシーンのアフレコとかしてたからね。なかなかだよ。

 でもキュート。主人公の女の子もかわいいし、新新約聖書を書くホームレスのヴィクトールもスペル聞いて無視されまくったりしててかわいい。

 ストーリー自体としては大きなことは起こらないんだけど、細かいところがおもしろいっていう感じ。

 ダメオヤジの神様も、とんでもないことをした娘のエウを追っかけるんだけど、いたるところで人類から袋叩きにされまくるのが笑える。
 脇役としては、余命62年だからといって飛び降りまくるケヴィンという若者がちょこちょこ間に挟まってくるのが最高だった。

 あとはそうだな。映像とカメラワークの使い方が良い。
 たとえば「男が30人でくるみを割っているような音」みたいな変な比喩の台詞をそのまま映像で再現したり、急に登場人物がカメラを見て語りだしたり、と手法が愉快だね。
 左手のダンスシーンとか。

 ちなみにベルギーではマッドマックスよりも興行収入あったみたいです。
 めちゃくちゃおすすめできるわけじゃないけど、アメリとか好きならたぶん好き。神様の奥さんである女神役はアメリにも出てるしね。