読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『貞子 vs 伽椰子』感想 (MX4D 2D)

映画

www.youtube.com


MX4dの感想は「水しぶきがうざい」以上。揺れるけど、それで怖さが+されているかどうかは人によるかな、と思う。揺れないシーンが多いし。揺れるところは映像的にも楽しいけど。超小刻みの振動が多かったかな。


めちゃくちゃ楽しかったですよ。「怖い」じゃなくて「楽しい」というところからホラーとしては察してください。でも、ちゃんと怖かったですね。怖がらせるポイントがW作品のコラボということもあって、二倍くらいありました。まあ、それが、じわじわ忍び寄る恐怖とはちょっと違いますけど。


何が楽しいって、ストーリーがいい。貞子VS伽椰子ですよ。こんなのギャグにしかならなさそうなのに、ちゃんと作っている。とくに霊媒師コンビが現れてからいい感じに雰囲気が変わっていいですね。凄腕だけどぶっきらぼうの経蔵と、口の悪い盲目の少女珠緒のコンビがいいんですよ。松田優作かよと思うようなルックスの経蔵がとにかくかっこいいんですよね。漫画やラノベ出そうな王道キャラじゃないですか。
とにかくホラー系ってわりとストーリーおざなりって感じなんですが、この二人出てきてからおもしろかったです。ホラーとして考えると嫌いな人はこのキャラ設定嫌いかもしんないですけど、僕はたまらなかったです。


そしてもうね、わかってると思うけど、貞子と伽椰子が戦うんです。くそ楽しいですよ。もうね、笑う。二人ともかわいい。俊雄はなんか可哀想でしたね。全体を通して俊雄は可哀想だった。
で、エンディングが、デーモン閣下なんですよ。主題歌聞いたときに最高だなと思いました。妙に明るいんですよ。あの終わりからのウキウキな曲は気持ちいいですね。リングの主題歌も明るいんですよね。めちゃくちゃ変な気分になりますよね。


総評としてはすごくいいんじゃないかなと思いました。やっぱり漫画から飛び出してきたような霊媒師コンビが新鮮味を出してました。ホラーでありがちなツッコミポイントもなかったですね。ボケ的な意味でツッコミポイントはいっぱいありましたけどね。心のなかで叫びまくってましたけど。「おまえもかい!」「うしろうしろ」みたいなことは呟いていました。
もう、すげー楽しかった。

「私、別の呪いにかかってるの」

こんなセリフがあるんです。映画のなかで。これは笑った。かっこよくないですか。私、別の呪いにかかってるの。人生で使う機会絶対無いですよね。めっちゃ言いたいわ。


あと、心理描写がなかなかでした。最初はこんな大学生いるのかよ、みたいな冷めた目で見てたんですけど、状況がやばくなるにつれて狂ってくのがいいですね。


もう、楽しい。ほんと楽しいので、これから観てくる人は楽しんでください。


伽椰子の小さいフィギュア買ったんですけど、色艶的にぷっちょみたいでした。