模造クリスタル『黒き淀みのヘドロさん』感想

ヘドロさんを読みましたので、感想をぶん投げさせていただきます。
おもしろいからみんな読もう。
近所の図書館に寄贈しよう。

模造クリスタルとは

まず「もぞくり」について説明いたしましょう。
「ミッションちゃんの大冒険」というweb漫画で、有名になりました。
いまは「金魚王国の崩壊」と、オリジナル同人誌をメインに活躍されていますね。

f:id:chemicalX:20170320221854j:plain
(ミッションちゃんの大冒険)

ミッションちゃんの大冒険は読んだことある人も多いはず。自殺したはずなのに監禁され労働を強いられる話です。

ぼくはお絵かき掲示板の文章が大好きでした。
知らない人に説明すると、ストーリーの断片だったり、よくわからない歌詞、よくわからない考察がのっていました。

f:id:chemicalX:20170320221857j:plain
(旧お絵かき掲示板

細かい歴史については調べればわかるので置いておきます。

僕にとって模造クリスタルの魅力は、その暗さと、かわいい絵のギャップにあったと思います。
しかもその暗さは精神的で哲学的なものでした。

最近のもぞくりは一見すると明るいコミカルな世界なのですが、根底には暗さがある。油断した瞬間、一気に引きずりこんできます。

ヘドロさんの「人間らしさ」

f:id:chemicalX:20170320232709j:plain

主役であるヘドロさんは、白馬の騎士として誕生しました。
もともとはヘドロ生命体という新種の生きもの。生きものとはいえ、見た感じは動くヘドロのようなものです。
それをレーンちゃんという女子高生が、黒魔術で「人間らしさ」を付加させることによって、ヘドロさんという女の子をできあがりました。

生きているヘドロ+「人間らしさ」がヘドロさんの正体です。白馬の騎士だからか、善の塊のような女の子になりました。

ここで「ん?」と思うのが「人間らしさ」ですよね。
「人間らしさ」という言葉はすごく曖昧です。

たとえばあなたが何かしらの物質から、人間を作るとしたら、付加すべきは「魂」とか「精神」とかを考えるのではないでしょうか?

「魂」でもなく「精神」でもなく、「人間らしさ」であることが、すごくもぞくりっぽいのです。(というか漫画読む限り精神はあることにされているっぽいけど)
というのも最近のもぞくりには「人間とは何か?」という問いが根底にあるように思えるからです。。
構図として、人間vs○○という感じですね。

その対比対象が、「ビーンク&ロサ」では怪人であり、「金魚王国の崩壊」では動物であり、「ゲーム部」では物質であるんです。

人間以外と比べることによって、人間という存在を揺さぶっているんですよね。

「ヘドロさん」は恐らく、人間vs善になるんじゃないかなと思います。

「ヘドロさん」の世界では、ヘドロさん以外の主要キャラが、何かしら自分の悩みを抱えています。
というより人間というものがそういう生き物だからです。

レーンちゃんは「悪からしか善を作れない」ことを悩み
シャンプーボムは「お嬢様における自分の存在価値」で悩み
お嬢様は「どうでもいいはずのジローの存在」で悩んでいる。
能天気なゲーゲーは「アホでみんなに迷惑をかけている」ことを悩んでいますね。

ヘドロさんは自分については悩まない。いまのところ自分が人間とは違って、ヘドロ生命体であることも、石鹸を食べることも、悩まない。

表面的にはすごく人間らしいのに、まったくもって内面が人間らしくないのが、いまのヘドロさんです。

ヘドロさんが精神的な悩みを得るか、このまま善として突き通すかで、お話は結構変わってくるんじゃないかなと思います。

ちなみに人間じゃないのに人間らしさを得てしまった悲しいお話が、「スペクトラルウィザード」シリーズなんじゃないかな、と思います。

まあそんなこと関係なく、ヘドロさんはかわいいので最高ですね。

キャラクターが魅力的

僕はもぞくりのキャラクターが大好きです。もぞくりに出てくる登場人物は、それぞれが人間らしい思考をしています。固有の哲学を持っている。
「ヘドロさん」は、キャラ成分が強めだけど、やっぱりいい。

ちなみに僕はゲーゲーちゃん押しです。
f:id:chemicalX:20170320233454j:plainf:id:chemicalX:20170320233540j:plain

アホすぎて石鹸を食べちゃう女の子はいなくないですか?
しかもこんなにアホな自分を客観視しているのはすごい。
作戦会議中ずっと眠っているのがかわいい。

どうでもいいと思っていることを証明するために執事を殺そうとするお嬢様とか、他にいないですよ。

そのお嬢様のお友達(?)のあだ名が、ゴモラとなめくじですからね。
ラスボスみたいな教頭先生とか。

あと、りもん先生。
りもん先生は善なんです。めっちゃ良い教師なんです。でも○○みたいな……。
僕は3話の114ページで笑ったんです。
4話であんなことになるなんて思わなかったです。

ぜひ買って、もぞくりのすごさを体感してください。
4話が真骨頂です。


フィクションの多重構造(ここから先は読まなくていい)


最近気づいたんですけど、もぞくりは基本回想を使いません。
セリフのなかで過去について触れられることはあっても、エピソードとして時間が巻き戻ることはなかったはずです。少なくとも、AがBの過去(出来事)を話す形式が取られています。
まあ「金魚王国の崩壊」は、過去の話ではあるのですけど、時間の流れとしては直線的ですよね。

ミッションちゃんの生前も、ゲーム部の部長の過去も、やんわりとしかわかりません。「スターイーター」のきりんちゃんと水無月ちゃんの関係性とかも不明のままでしたよね。

ヘドロさんでも4話で、回想ではなくレポートという形式が取られていますよね。

じゃ、なんでもぞくりが回想を使わないのかという話になりますよね。
正直わかりません。せっかくなので、いま考えます。

んー回想を用いるとですね。
メリットとしては、単純に感情移入しやすくなります。キャラのバックグラウンドが掘り下げられます。
デメリットとしては、物語が停滞します。あとは因果関係がはっきりしすぎてしまうというのもあるかな。

たとえば「ビーンク&ロサ」の12話で、ビーンクの両親が○○ということがわかりますよね。ビーンクは「あんまり気にならないんだ…」ということをいいます。
もし両親の○○の具体的なシーンが描かれていたら、すごくそのセリフは違和感あると思うんですよ。

回想として描かれていないからこそ、「あんまり気にならないんだ…」というセリフはリアリティあるんですよね。

臨床心理士が過去のトラウマを見つけてしまったら、漠然としていた不安は、確固たる不安になって解決してしまうのです。

回想は、人間(キャラ)をフィクションの中に閉じこめてしまいます。
漫画のなかで回想(原因)を描けば、現実でその結果を描かざるを得ないですからね。

ニュアンスとしか説明できないのであれですが、回想によるデメリットを、なんとなくわかってもらえばいいかなと思います。

もぞくりが回想の代わりに用いているのが、別のフィクションです。ヘドロさんでは「キングバーガーとナイトジャスティスの話」ですし、「カエルクイーンのアニメ」になります。
ネタバレになってしまうので明言はできないのですが「ヘドロさん」の4話もまたそうです。りもん先生の○○のなかにヘドロさんの世界が入ってしまうという多重構造になっています。(りもん先生視点)

バーガーの話はひとまずおいておくとして、「カエルクイーンのアニメ」は本筋とはまったく関係ありません。キングバーガーも必要ないっちゃないですよね。
昔のもぞくりでいうところのお絵かき掲示板成分になるのでしょうか。
本筋とは関係のないフィクションが追加されているということは、「ビーンク&ロサ」とか「ゲーム部」を読めばよくわかるかなと。
「ゲーム部」なんて半分近くゲーム実況漫画ですからね。めっちゃ好きなんですが。

重要なのは、もぞくりがフィクションの中にフィクションを入れている、ということですね。
なんで多重構造になっているか。

単純な話だと、嘘の嘘は真という言葉があるように、土台となる話のリアリティが増します。
デカルトで言うところの「我思う故に我あり」みたいなものです。
いや、違うかな。デカルトは忘れてください。
そもそも僕たちはフィクションのなかに生きているといっても過言じゃないわけです。

ナイトジャスティスとキングバーガーの話」はいわば、神話なわけです。
この世界の説明ですね。

キングバーガーは自分も大切にしたから生き残った。だからみんなキングバーガーの子孫である。

神様がアダムを作って、なんやかんやあって追放されて死ぬようになった、と要は同じなわけです。

そんな感じで昔は世界のあちこちで神話がありました。いまでは神話の代わりに映画やらドラマやらゲームがあります。

子どものころから普通にフィクションに親しんでいます。

フィクションの影響というのはものすごいのです。検事のドラマが流行ったら検事になりたいという人が急増しました。ドラゴンボール読んでかめはめ波打ちたくなりませんでしたか?

フィクションは現実にめちゃくちゃ影響を与えているのです。

ただフィクションが回想と違うところは、必ずしも影響を受けなくてもいいことなんですよ。
自分の尊敬している人が検事だった回想があったら、漫画的には検事を絶対目指さないといけない。
検事のドラマを見て感動するだけなら、検事になろうとしなくても違和感はない。

この違いわかりますか? 
嘘であるゆえの軽さがあるんです。
責任取らなくていいというか……。

全体的なトーンとしては、重くなることを防いでいるんです。

んんん? なんか思考がぐちゃぐちゃになったので、誰か考えてください。
入れ子式のメタフィクションではないような気がします。

病的にポップでありたい

この言葉が頭を渦巻いている……。
ポップに対する憧れのようなものが芽生えました。
とにかくひたすら明るさを追求したらどうなるんでしょうか。
カートゥンの世界では、死さえ寓話化されるところがある。
悲しみも暗さも、一つの象徴としたい。
1円玉、五円玉、10円玉、みたいな、ただの物質として感情を置きたい。
私はこれから死ぬまでポップを追求してみせる。
わかりにくいものを、わかりやすく。
つまらないものを、おもしろく。
哲学なんてキャラクターの上に出てくる「!」や「?」と同じなんだって。
そんな風に書いてみたい。

愚かな人間を愛そう。
落ちるとわかってるアイスクリームを、何の対処もほどこさず見てやろう。
死んだアイスと一緒に泣いてやる。

たたポップというものが何なのか私にはわからない。
ぼんやりとしたイメージでしかない。

とりあえず文体の確立を。
剣と盾と杖から一つ選ぼう。

ブログも大幅に変える
歪んだ文字は暖炉に投げ捨てよう。

干した洗濯物の間から。
チュッパチャップスの亡霊が君を襲う。

好きなものを忘れる

人と話していると趣味を聞かれることが多い。だいたい「小説が好きです」というふうに答えるのだけど、そうすると「好きな作家はいますか?」というふうに問答が続く。
好きな作品を言えばこと足りるのだが、なぜか私の頭は働かない。大量にあるはずなのに何一つ思い出せない。
頭の中では的が回っており、私はダーツを手にとっている。パジェロパジェロ、という声が聞こえてくる。しかし、好きな作家は誰かという問いに対して、国産の乗用車を答えるのはトリッキーすぎる。
ダーツが的にささり私は答える。
ヘミングウェイです、と。
どこからヘミングウェイが出てきたのかわからない。高校のとき「老人と海」を読んだきりだった。内容もうろ覚えである。鯨に飲み込まれるんだっけか。いや、それはピノキオだ。
当然、話も広がらない。
「まあ、なんか、文体が渇いてていいと思います。おすすめですか? おすすめは老人と海ですね。あれは自然がパンパンパーンっていう感じで、感動しますよ。なんか、はい、感動ですね」
私はそっと視線を外す。凪のような沈黙が襲う。
会話が終わってから、好きな作家をごそっと思い出す。薄ら笑いで彼らはやってくる。ちょっとそこのコンビニで、おでん買ってたんですよー、とでも言わんばかりに。いいんだよ、と私は言う。それも人生さ。
しかし、なんで私は肝心なときに好きな作家を忘れるのだろう。
他人からジャッジされるからだろうか。確かにあんまり本を読まなさそうな人に、中原昌也が好きです、とは言いにくいのだが。
おそらく、無意識のうちに相手が知っていそうでかつセンスの良い作家を探してしまうのだと思う。
自分が欲しいと思っている洗濯機よりも、豪華だという理由でパジェロを狙ってしまうあさましさがあるのだ。
これからは自分の好きなものを聞かれたら、相手を気にせず胸をはって答えよう。

好きな漫画はなんですか?
苺ましまろです! かわいいは正義

映画『神様メール』感想

www.youtube.com


 神様メールっていうベルギーの映画を見てきた。
 不思議なコメディ。

 神様ってだいたいいい風に書かれるんだけど、この映画ではろくでなしのダメオヤジなんだよね。
 不快ルールとかいうの作るし、事故や戦争を起こしまくっている。部屋に閉じこもってパソコンでそういうことやってるわけ。
 引きこもり。
 こんな風に書いて大丈夫なのって思うんだけど、設定上ではイエスの父親ということになっているのかな。
 で、そのダメオヤジ神様にはエウっていう娘がいて、ある日父親が人類にめちゃくちゃひどいことをしていることを知ってしまう。
 反旗をひるがえしたエウは、人類に自分の余命がわかるメールを送ると、下界へと行くわけだ。
 下界への行き方っていうのが洗濯機を通っていくというのもおもしろい。
 エウは新新約聖書というのを作るため、六人の使徒と出会うことになるんだよ。

 で、その六人の使徒がそれぞれ問題を抱えている。
 左腕がなかったり、性的妄想にとりつかれていたり、殺し屋だったりするわけ。
 そんな彼らが余命を知ることで自分の人生を問い直すことになるんだけど、なんかすごく変。
 女の子になろうとしたり、ゴリラに惚れたりするからね。
 あと、わりとアダルトなシーンが多くてちょっと気まずかった。
 行為のシーンのアフレコとかしてたからね。なかなかだよ。

 でもキュート。主人公の女の子もかわいいし、新新約聖書を書くホームレスのヴィクトールもスペル聞いて無視されまくったりしててかわいい。

 ストーリー自体としては大きなことは起こらないんだけど、細かいところがおもしろいっていう感じ。

 ダメオヤジの神様も、とんでもないことをした娘のエウを追っかけるんだけど、いたるところで人類から袋叩きにされまくるのが笑える。
 脇役としては、余命62年だからといって飛び降りまくるケヴィンという若者がちょこちょこ間に挟まってくるのが最高だった。

 あとはそうだな。映像とカメラワークの使い方が良い。
 たとえば「男が30人でくるみを割っているような音」みたいな変な比喩の台詞をそのまま映像で再現したり、急に登場人物がカメラを見て語りだしたり、と手法が愉快だね。
 左手のダンスシーンとか。

 ちなみにベルギーではマッドマックスよりも興行収入あったみたいです。
 めちゃくちゃおすすめできるわけじゃないけど、アメリとか好きならたぶん好き。神様の奥さんである女神役はアメリにも出てるしね。

M-1グランプリ 2016 感想

お笑いのこと何もわかっていないくせに批評家きどりであれこれ書き連ねるやつやります。
友達いないので許してください。


1アキナ

コント漫才ですよね。アキナの前のスタイルは大喜利風味の漫才で、THE MANZAIでもファイナルに残っている。それなりにオリジナリティのある漫才でした。
今回は、ソーセージ時代のブラックな部分を残しつつ、漫才に昇華している。おもしろいんですけど、前のスタイルと比較してしまうと弱くなったかなと思います。
受けているし、おもしろいんだけど、大きな笑いは起きにくいっていう感じですね。どうしても展開に物足りなさを感じてしまう。
アキナ好きなので、どうしても辛口になってしまいますね。


2カミナリ

全力でツッコむということに目が行きがちなんですけど、ツッコミのワード自体もひとひねり加えられていますよね。見ている側としても「あ、そういえばそうだ」という新鮮な驚きがある。
あとボケの表情もいいですね。川柳のネタもよかったですが、アルファベットのネタの方がどちらかというと展開多めで点伸びたかな。
小さい方が、大きい方を叩くというおもしろさもあると思います。


3相席スタート

相席スタートはどうしても下寄りなネタが多いわけですが、そこまで不快感はないですね。ツッコミの方の山添がボケのケイさんに踊らされるという図式がそうさせるのかもしれません。ふたりとも清潔感ありますしね。
ネタ自体も、男と女あるあるで共感しやすくおもしろい。相席スタートしかできないネタだなと思います。ただ、爆発的な受けにはどうしてもなりにくい。守りなんですよね。


4銀シャリ

銀シャリの漫才は老若男女がおもしろいと思えるネタなんですよね。ネタ自体に個性はないところを、ツッコミのセンスの良さが引き出している。
2010年の頃と違って、ボケ自体のクオリティもあがってきているとは思います。ただやっぱりボケが軽く感じてしまう。うなぎくんが笑いながらボケるからですね。僕はまったくはまらなかったですが、好きな人が多いこともわかります。


5スリムクラブ

前よりは間が短くなりました。僕はすごく笑ってしまった。世界観が強すぎる。家系図をトーナメントでノーシードなんていう発想を、僕はm-1という舞台で見たいと思っていたので最高でした。
審査員の方から「飛びすぎている」というご指摘がありました。そのとき僕はアンダーグラウンドが好きなんだなと思いました。
3回戦を見たら失神すると思います。ぜひランジャタイに決勝へ行ってもらって上沼さんに審査してもらいたいです。


6ハライチ

ハライチあんまり好きじゃなかったんですが、ラジオで好きになりまして、岩井のおもしろさがもっと見ている側に伝われば、もっとウケるかなと思いました。裏放送でも岩井がおもしろかった。
前半はわりとよかったのですが、後半どうしても飽きが来てしまうんですよね。そこらへんノリボケ自体は、ワードを巧みに変えることで乗り切れていたのですが、いまのコント漫才だと設定の世界観から逃げられない。そこら辺が単調さの原因なんじゃないかと思います。あと澤部のノリツッコミのパターンも浸透してきているのが辛いところですね。でもほんとおもしろいコンビだと思います。


7スーパーマラドーナ

去年と同じスタイルですね。実況というか第三者目線からツッコむというのはなかなか新しいとは思うんですが、いかんせんテンポが悪くなりますよね。
田中のキャラが漫才に合ってから、すごくおもしろくなったコンビだなと個人的には思います。前は単なるいじめられっ子キャラで、いまは狂気キャラ。後者がばっちりはまってるんですよね。伏線もばっちり。おもしろかったです。


8さらば青春の光

能ですよ。4年前ぐらいからかけている能。僕は去年のm-1の感想で、個人的にはさらば青春の光が優勝だったと書きました。能→娘さんをください、の2本は本当に革新的だなと思っていて、同時にm-1の舞台でははまらないと思っていたんですが、わりと高評価でよかったです。
能の欠点はロースタートのところですよね。前フリが長すぎる。そのわりには飽きやすい。僕はこれで能10回目くらいなんであんまり笑えなかったですが、大舞台で見れて感動しました。
予選でやったジャックと豆の木のネタも、娘さんくださいも本当好きですね。
こことアルピーとジャルジャルは、コント師だからか漫才に対する違和感をもっていて、漫才のおかしなところを突いてくるようなネタを作ってくるんですよね。ある種の漫才あるあるですよね。だから普通の漫才を見飽きている人ほど笑えると思います。


9和牛

敗者復活戦では料理のネタをやって正直少しがっかりしたんですが、決勝では去年とはうってかわって違う雰囲気のネタをやりましたね。すごいなあと感心しました。料理のネタは去年と同じ、屁理屈スタイルなんですよね。だから嫌悪感を持つ人もいる。でも今年のネタは、180度切り替えてきた。
なんて表現したらいいでしょう。阿呆すぎる彼氏というのかな。誰でも楽しめて、かつ個性的なネタ。1本目はオチもよかったですよね。
それにしても和牛はネタが豊富ですよね。次々と新しい漫才を考えだして物にしていくところに痺れました。


ファイナルステージ


1スーパーマラドーナ

わりと昔のネタだっけかな。普通のコント漫才になってしまいましたね。たぶん銀シャリと和牛を見て切り替えたのでしょう。正統派のコント漫才でいいとは思うんですけど、田中の狂気分も落ちるし、目新しさもなくなる。その代わりテンポはよくなりました。もしかすると、スーパーマラドーナがいままでやってきたこのスタイルのネタで勝負をかけたかったのかもしれません。


2和牛

1本目と同じ延長線上にあるネタですよね。迷彩服のところで決まったかなと思ったんですけど、結果は銀シャリでしたね。1本目と比べると、伏線がしっかりしているしネタ自体もおもしろくなっていると思います。ただジャングルジムの落ちと比べると、最後があっさりしすぎて、んんーと思ってしまいましたね。


3銀シャリ

優勝しました。おめでとうございます。2本目はほのぼのとしていて好きでした。ただ、ネタ自体の質は1本目と比べると落ちるかな。


敗者復活戦も書きますか。

僕は、東京ダイナマイトかまいたちメイプル超合金に入れました。次点で、ミキと和牛ですね。

東京ダイナマイトは純粋におもしろかったです。時事ネタをちょくちょく入れてくるのが好きです。
かまいたちも、去年とは違う偏屈スタイルで好きでしたね。ネタの入りが最高でした。マジなのかボケなのかわからない感じでよかったです。
メイプル超合金は、普通におもしろかったので入れました。

かまいたちが行って欲しかったんですけど、結果的に和牛でよかったなと思いました。